常設展 「太陽の塔 誕生~八面六臂の岡本太郎」展 (川崎市)

イベント内容

岡本太郎が日本万国博覧会のテーマ館プロデューサーに就任する1967年頃から、開催翌年の1971年頃までの、万博の仕事と同時進行で数多くの仕事をこなし、文字通り八面六臂の活躍をした岡本の活動について紹介します。万博のテーマ館であった《太陽の塔》を中心に、この時期に制作された他の作品や執筆活動、プライベートの様子など当時の岡本の多面的な活動について、作品と資料とともに紹介します。

【休館日】
月曜日(4月30日を除く)、5月1日(火)

【開催場所】
川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)

【アクセス】
小田急線 向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分
小田急線 向ヶ丘遊園駅北口から 「専修大学行」バスに乗車、「専修大学前」下車、徒歩約6分
東急田園都市線 溝の口駅から 「向ヶ丘遊園駅東口行」バスに乗車、「生田緑地入口」下車、徒歩約8分

【観覧料】
○4月19日(木)~27日(金)までは常設展のみの期間
一般500円、高校・大学生・65歳以上300円、中学生以下は無料
○4月28日(土)~7月1日(日)までは企画展とのセット料金
一般800円、 高校・大学生、65歳以上600円、中学生以下は無料

【開催時間】
9:30~17:00(入館締切 16:30)

【お問い合わせ】
川崎市岡本太郎美術館 電話:044-900-9898

開催日

2018年4月19日(木)~2018年7月1日(日)

場所

岡本太郎美術館 

URL

http://www.taromuseum.jp/
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

川崎市のおトク情報

>>川崎市で楽しめるグルメの情報はこちら