企画展 発掘された日本列島2018 新発見考古速報 (川崎市)

企画展 発掘された日本列島2018 新発見考古速報

イベント内容

日本列島では、毎年約8,000件の発掘調査が行われています。「発掘された日本列島2018」展では、このうち近年発掘され成果がまとまった全国17の遺跡から546点にわたる資料を速報展示します。さらに、特集展示として全国の代表的な装飾古墳を取り上げます。この特集は、東日本大震災や平成28年に発生した熊本地震により装飾古墳が被災した事態を受け、装飾古墳の世界やその保護の取り組みを紹介するものです。
また現在の川崎市域には、かつて古代武蔵国の橘樹郡・多磨郡・都筑郡がありました。この三郡にはそれぞれ、橘樹郡に影向寺遺跡、多磨郡に菅寺尾台遺跡、都筑郡に岡上栗畑遺跡の古代仏教遺跡があります。本展では、これらの遺跡から発掘された資料から、古代寺院の成立とその後仏教が「ムラ」に浸透していく過程を描きだします。古代の川崎に華開いた、仏教文化をご観覧ください。

<関連イベント>
(1)記念講演会
1月12日(土)14:00~16:00
土生田純之(はぶたよしゆき)氏(専修大学文学部教授)
2月9日(土)14:00~16:00
禰冝田佳男(ねぎたよしお)氏(文化庁文化財第二課主任文化財調査官)
1F映像ホール/定員270名/参加無料(要観覧券)/当日先着順

(2)かそりーぬ来館イベント
1月12日(土)、2月9日(土)午後
1F映像ホール、エントランス、企画展示室1前

(3)ベビーカーツアー
1月17日(木)11:45~(30分程度)
2F企画展示室1/0歳~未就学児とその保護者(親子6組)/要観覧券
※市民ミュージアムHPのイベントページより要事前申込。1月10日(木)締切

(4)スペシャルトーク
2月10日(日)11:00~12:00
「展示輸送のプロが語る“列島展”の作り方-展示の裏側を大公開-」
登壇者:桃井宏和氏(公益財団法人元興寺文化財研究所研究員)
2F企画展示室1/要観覧券/当日直接会場へ

(5)展示解説
1月13日(日)、14日(月祝)、19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)
2月2日(土)、3日(日)、10日(日)、11日(月祝)、16日(土)、17日(日)
各日14:00~15:00(予定)/2F企画展示室1/要観覧券/当日直接会場へ
※会期中の土日祝日は学生ボランティアによる展示解説を同時実施します。

【観覧料】
一般800円(640円)、学生・65歳以上600円(480円)、中学生以下無料※( )内は20名以上の団体料金。※障害者手帳をお持ちの方およびその介護者は無料。

【開館時間】
9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)

開催日

2019年1月8日(火)~2019年2月17日(日)
【休館日】
毎週月曜日(ただし1月14日、2月11日は開館)、1月15日(火)、2月12日(火)

場所

川崎市市民ミュージアム 企画展示室1 (中原区等々力1-2)

交通アクセス

東急東横線・目黒線「武蔵小杉駅」、JR湘南新宿ライン・横須賀線「武蔵小杉駅」よりバスで10分程

お問い合わせ

川崎市市民ミュージアム

電話番号

044-754-4500

URL

https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/14620/
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

川崎市のおトク情報

>>川崎市で楽しめるグルメの情報はこちら