「緑のダム」を考える~科学者が考える森と人の関係~ (相模原市)

イベント内容

森は人にとってすべて心地よく、環境にいいものなのだろうか。長年の研究をベースに、科学者が解き明かす森林の真の姿とは・・・

講演会「緑のダム」を考える~科学者が考える森と人の関係~


講師 蔵治光一郎 氏
  東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 教授
  1965年東京生まれ、東京大学大学院農学生命科学研究科修了。
  農学博士。マレーシア国サバ州森林局森林研究所、東京工業大学講師、東京大学大学院農学生命
  科学研究科付属演習林准教授などを経て現職。国内外でのフィールドワーク、市民活動への協力
  など、幅広い活動を行っている。
  『森の健康診断の10年』(編著、東京大学演習林出版局)
  『緑のダムの科学』(編著、築地書館)『森の「恵み」は幻想か』(化学同人)
  『「森と水」の関係を解き明かす』(全国林業改善普及協会)など著書は多数。

日 時: 平成31年 2月17日(日) 13:30~15:30 (開場13:00)
場 所: 桜美林大学 PFC(プラネット淵野辺キャンパス)P202教室
(相模原市中央区淵野辺4-16-1)
交 通: JR横浜線淵野辺駅北口 徒歩1分
参加費: 500円
定 員: 80名
申込み方法:
必要事項ご記入の上、E-mail、又はFAXにて,下記までお申込みください。 
NPO法人 かながわ森林インストラクターの会
k-inst0981@friend.ocn.ne.jp

FAX:046-297-0302
お申し込みの際、下記内容を記載ください。
行事名(第10回森林文化講演会2月17日)
ご氏名(所属)、電話番号、メールアドレス

締め切り: 平成31年 2月10日(日)まで

主 催 : NPO法人 かながわ森林インストラクターの会
後 援 : 神奈川県(申請中)、相模原市(申請中)、神奈川県森林協会(申請中)、
(公財)かながわトラストみどり財団(申請中)、神奈川新聞社(申請中)
協 力 : 桜美林大学

開催日

2019年2月17日(日)
13:30~15:30 (開場13:00)

場所

桜美林大学 PFC(プラネット淵野辺キャンパス)P202教室

交通アクセス

JR横浜線淵野辺駅北口 徒歩1分

URL

http://www.forest-kanagawa.jp/
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

相模原市のおトク情報

>>相模原市で楽しめるグルメの情報はこちら