常設展 岡本太郎“聖家族” (川崎市)

常設展 岡本太郎“聖家族”

イベント内容

漫画家である父・岡本一平と、小説家であり歌人の母・岡本かの子を両親に持つ岡本太郎。一家と関わりの深かった小説家・川端康成は、この家族を“聖家族”と呼びました。
太郎自身も「父母に感謝することがあるとすれば、常に同等な友人のように扱ってくれたことだ」と語るように、この家族は夫婦、親子が一個の独立した人格として対等な関係で結ばれているような、当時においてはたぐい稀な家族形態でした。一方で全く異質な芸術家の共同生活には「想像もできない絶望的な矛盾」があったとも語られ、その中で起こるさまざまな葛藤の中で、太郎は成長していきます。
本展では、岡本太郎・一平・かの子の作品を紹介するとともに、彼らの日常生活をうつす日用品や写真を展示し、芸術に生きた一家の足跡をたどります。

【観覧料】
○1月17日(金)~2月13日(木)までは常設展のみ開催      
 一般 500(400)円、高・大学生・65歳以上 300(240)円
○2月14日(金)~4月12日(日)までは企画展とのセット料金
 一般 700(560)円、高・大学生 ・65歳以上 500(400)円

中学生以下は無料 ※()内は20名以上の団体料金     
※企画展開催中は、企画展とのセット料金に変わります。

開催日

2020年1月17日(金)~2020年4月12日(日)
【開催時間】
 9:30~17:00(入館16:30まで)
【休館日】
 月曜日(2月24日を除く)、2月25日(火)

場所

川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)

交通アクセス

・小田急線 向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分
・小田急線 向ヶ丘遊園駅北口から 「専修大学行」バスに乗車、「専修大学前」下車、徒歩約6分
・東急田園都市線 溝の口駅から 「向ヶ丘遊園駅東口行」バスに乗車、「生田緑地入口」下車、徒歩約8分

お問い合わせ

川崎市岡本太郎美術館

電話番号

044-900-9898

URL

http://www.taromuseum.jp/
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

川崎市のおトク情報

>>川崎市で楽しめるグルメの情報はこちら