お菓子の豆知識

饅頭

【饅頭】

饅頭は、諸葛孔明がその元をつくったと言われており、羊や豚の肉を麺で包んだものでした。日本には禅宗とともに精進料理として、鎌倉時代に伝えられました。

この中華饅頭を日本人の嗜好と風土にあわせ、肉の代わりに小豆をいれた蒸し饅頭に改良しました。

その後、江戸時代に、酒饅頭、そば饅頭などがつくられるようになりました。

最中

【最中】

最中は日本特有の菓子でその語源は古く、平安期の和歌の中に歌われています月見の宴の際の菓子(丸い白餅)が「もなかの月」と称されたのが語源です。このため、現在の最中はもとをたどるとせんべいということになります。

現在のような最中(せんべいと餡のサンドイッチ)が作られたのは江戸期になりますが、様々な餡や外の皮に工夫をこらし、その土地ごとに特色のある最中が作られるようになりました。

せんべい

【せんべい】

平安の初期に弘法大師がその製法を中国より伝えたのが始まりと言われています。甘い亀甲せんべいと塩せんべいの2種類がはいってきました。

江戸期になるとその後亀甲せんべいは玉子やしょうがをを加えたものが作られるようになりました。

一方塩せんべいはしょうゆを使った草加せんべいが作られ、せんべいといえば草加せんべいのことをさすようになりました。

羊羹

【羊羹】

羊羹は饅頭と同時期にやはり中国から伝来しました。もとは羊の肉を蒸したものでしたが、小豆の葛をまぜ、蒸し上げたものをに改良しました。

他の和菓子と同様に江戸期に、現在と同じような羊羹が作られるようになり、茶席菓子として使われるようになりました。

焼き菓子

【焼き菓子】

現在の和菓子の主流はこの焼菓子といえます。保存性を高めるために焼菓子が戦後、急激に増加しました。また大量生産にも対応できるため多くの菓子がこの焼菓子に分類されます。

栗饅頭やパイ饅頭、カステラ饅頭、桃山などがあげられます。