かながわNOW トップページ > 観る > バリアフリー施設 > 県央・相模原エリア>海老名市

海老名市

博物館・資料館ホテルその他

博物館・資料館

海老名市立郷土資料館「海老名市温故館」

 この建物は、1918年に海老名村役場庁舎として完成しました。当時、時代の最先端をゆく近代的建築で、郡役所様式と呼ばれる建築様式を取り入れて建てられました。

1Fは主に、市内各地の遺跡から出土した石器や土器等を展示しています。2Fは「衣・食・住」をテーマに、明治・大正・昭和にかけての生活用具・農具などの庶民生活の暮らしを知るための資料が展示されています。海老名の歴史や文化にふれながら、ゆったりとした時間を過ごされてみてはいかがでしょうか。

バリアフリー情報: 入口段差なし 車椅子使用者用トイレ 貸車椅子サービス 福祉車両専用駐車場有り 車いす使用者用エレベーター 温水洗浄機能付き便座

詳細ページを見る

ホテル

オークラフロンティアホテル海老名

■収容人数
100名

■総室数
74室

バリアフリー情報: 入口段差なし 車椅子使用者用トイレ 貸車椅子サービス 通路段差なし 福祉車両専用駐車場有り 車いす使用者用エレベーター 温水洗浄機能付き便座

詳細ページを見る

その他

ビナウォーク

出かけると笑顔を用意してくれているスポット「ビナウォーク」は海老名駅の東側、海老名中央公園を取り囲むようにして建てられた複合商業施設。
名称の由来は、ViVA NATURE(自然礼賛)の略語と、Rambling(ランブリング:ぶらぶら歩き)とあわせたもの。「歩いて楽しめる界隈」を表現しているそうです。
たしかに、ビナウォーク2階にある8,000平方メートルにも及ぶ「ランブリングテラス」は、お散歩コースとして楽しめそう。お買い物の用事がなくても、ぶらぶら歩いていると、ウィンドウ越しに新しい情報をキャッチできそうです。
ほぼ毎日イベントが開催されているのも、ビナウォークの特徴。若者向けの音楽イベントや子供向けのステージショーなどイベントの種類も多彩です。特に、3番館と6番館の間で毎日運行されているミニトレイン「ビナポッポ」は大人気!毎週土・日・祝はビナウォークのキャラクター「エビセブン」が登場し、チビッコたちと一緒に乗車してくれています。

バリアフリー情報: 通路段差なし 福祉車両専用駐車場有り 車いす使用者用エレベーター オストメイト専用トイレ

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ