かながわNOW トップページ > 観る > バリアフリー施設 > 丹沢・大山エリア>山北町

山北町

博物館・資料館日帰り温泉その他

博物館・資料館

丹沢湖記念館

丹沢湖誕生を記念して建てられた多目的施設です。館内では、縄文遣跡出土品の展示「丹沢湖の誕生」の写真や写真展等があります。その他、おみやげ品コーナーや108人収容可能な会議室施設がご利用(有料)できます。

バリアフリー情報: 入口段差なし 車椅子使用者用トイレ オストメイト専用トイレ 温水洗浄機能付き便座

詳細ページを見る

日帰り温泉

山北町健康福祉センター「さくらの湯」

山北町健康福祉センター「さくらの湯」は、北海道長万部にある二股ラジウム温泉の石灰華原石を100%使用した人工温泉です。施設内には温水プールとジャグジー、大浴場と露天風呂、サウナなどが揃っています。

 健康増進を目的とした施設で、温水プールでは町民が中心となって水中運動プログラム等を開催しています。また、東西に分けた浴室は構造やサウナの種類を変えてあり、日毎に男女の入れ替えを行うことで違ったお風呂を楽しめるようにしています。場所は、JR御殿場線山北駅の目の前で国道246号線からもすぐ。アウトドアレジャーの帰りやドライブの途中、ハイキング・登山の休憩所として汗を洗い流してください。

バリアフリー情報: 入口段差なし 車椅子使用者用トイレ 貸車椅子サービス 車椅子で利用しやすいレストラン 福祉車両専用駐車場有り 車いす使用者用エレベーター オストメイト専用トイレ 温水洗浄機能付き便座 浴場内段差なし

詳細ページを見る

その他

瀬戸スッポン養殖場

スッポンは各種の栄養素を一身に蓄え、2億年もの間、姿を変ず、まさに生きた化石として、その生命力は計り知れないパワーの源泉と信じられていました。ちなみに中国の宮廷では、スッポンを薬膳料理として珍重されてきたとか。このスッポンを山北町で30年以上も育て続けてきたのが「瀬戸スッポン養殖場」さんです。
自然豊かな山北町で、酒匂川を流れる水を利用してスッポンの養殖・加工・販売をしています。現在5~6,000匹ほど養殖していますが、他の養殖場よりは少ない数で、国内では暖かい九州で養殖が盛んなのだそうです。瀬戸さんは45歳で脱サラして養殖場を始め、試行錯誤の末に何とか成功したとのこと。スッポンはとても神経質かつデリケートで、水温は30度に保たなければならず、養殖場のすぐ脇を通るトラックの音と振動によるストレスから共食いをしたりするそうです。おおよそ1年5か月くらいで出荷されます。こちらでは、鍋用のスッポンをさばいて販売しているほか、すっぽんスープやドリンク、サブレなどの加工品も販売しています。
エキスを濃縮した顆粒状の「スポヘルス」は優れた健康食品で、オール・イン・ワンのサプリメントといえます。瀬戸さんご自身も毎日飲んでいて、家族みんな疲れ知らずで健康になったとか。映画「釣りバカ日誌5」のロケ地にもなったそうなので、お店に立ち寄ってエピソードを聞いてみるのも面白いですね!

バリアフリー情報: 温水洗浄機能付き便座

詳細ページを見る

道の駅「山北」

 「道の駅・山北」は、西丹沢の山並みに囲まれた川沿いに位置し、「水と緑に親しむ いこいのパーキング」というテーマのもとに「かながわロードオアシス」として整備した道路休息施設です。かながわロードオアシスは、道路利用者に憩いと潤いを与える休息施設を作り、運転や歩行の疲れをリフレシュしてもらい、事故を予防することを目的としています。

 道の駅・山北の施設概要は次の通りです。駐車場は小型車22台、大型車1台、身障者用2台の駐車スペースがあり、24時間利用が可能です。施設側の身障者用の駐車スペースの隣り側は段差などの解消がなされています。

 トイレは専用駐車場のそばにあり、男子用(小便器4個、個室2個:小用の1つに手すりあり)、女子用(個室6個:ベビーシートあり)、身障者用(多目的トイレ1個:オストメイト対応設備なし)があります。トイレも24時間利用可能です。同様に、自販機コーナーと公衆電話についても24時間利用が可能です。

バリアフリー情報: 入口段差なし 車椅子使用者用トイレ 車椅子で利用しやすいレストラン 福祉車両専用駐車場有り 点字表示 車椅子使用者用電話 オストメイト専用トイレ 温水洗浄機能付き便座

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ