大町釈迦堂口遺跡

その他

大町釈迦堂口遺跡

嘉禄元(1225)年に北条泰時が父義時の菩提を弔うため釈迦堂を建てたことから「釈迦堂ヶ谷」と呼ばれています。
岩場を切り崩して造られた切通しトンネルは、以前は名越方面への主要道路だったと言われています。

【現在は通行止め立ち入り禁止】

所在地

鎌倉市

アクセス

交通

駐車場

無し 

お問い合わせ

前のページに戻る